多摩結び#24 未来へ突き進む先進性、創造性を躍動感いっぱいに表現した「西東京市章」

多摩結び#24 未来へ突き進む先進性、創造性を躍動感いっぱいに表現した「西東京市章」

多摩エリアには、26市・3町・1村の自治体があります。それぞれの顔である市町村章をご祝儀袋の飾り紐「水引」で表現していきます。同時に市町村の特徴を見てみましょう。

水引で結ぶ「西東京市章」

水引で作った西東京市章

『市民一人ひとりを優しく包み込み、市の未来へ突き進む先進性、創造性を躍動感いっぱいに表現したもので、市の特性を生かしたまちづくりを推進する願いが込められています。また、緑色を使うことで豊かな自然も表現しています。
平成14年1月21日制定』(引用:小学館「日本の市町村章」p.86)

「西東京市」って、どんなところ?

平成13年1月21日に田無市と保谷市が合併し、21世紀最初に誕生した市です。多摩エリアの東部、武蔵野台地のほぼ中央に位置しています。市内には世界最大級のドームと世界記録を有するプラネタリウムを擁する多摩六都科学館や、南関東最大級の規模を誇る縄文遺跡のひとつ下野谷遺跡があります。また、地上高195mの多目的電波塔「スカイタワー西東京(通称:田無タワー)」は、周辺地域における翌日午前中(9時前後)の天気予報を夜間にライトアップの色分けで表しており、“天気予報のタワー”として親しまれています。

多摩エリアの地図。西東京市にフォーカス。

人口:約21万人 面積:15.75平方キロメートル

市の花:つつじ、ひまわり、コスモス、すいせん  市の木:けやき、はなみずき

観光スポット:多摩六都科学館、ダイドードリンコアイスアリーナ、いこいの森公園、東大農場
特産品:キャベツ
姉妹都市:福島県南会津郡下郷町
友好都市:山梨県北杜市(旧須玉町)、千葉県勝浦市
PR親善大使:JUN SKY WALKER(S)、棟朝銀河さん、森薗美咲さん、赤木真二さん、森薗政崇さん、完熟フレッシュ、林家久蔵さん、シチズン時計卓球部
基本理念:やさしさとふれあいの西東京に暮らし、まちを楽しむ
市名の由来:新市名候補は、「西東京市」、「けやき野市」、「北多摩市」、「ひばり市」、「みどり野市」でした。市民意向調査によって最も多くの支持を集めた「西東京市」が、合併協議会によって新市名と決定されました。 さらに詳しく

西東京市のホームページ:http://www.city.nishitokyo.lg.jp/

西東京市章を結んで

水引で結んだ西東京市章

21世紀最初に誕生した西東京市の市章は、やさしい包容力と先進性、創造性、そして躍動感がいっぱい詰まった緑色をしています。しなやかなその動きは、水の流れのようであり、光の反射のようでもあり、風にそよぐ木々のようでもあります。

水引の市章では、田無市と保谷市が合併して誕生したことをヒントに、羽衣水引と曙水引という2種類の緑色の水引を組み合わせて作らせていただきました。右上の丸みを帯びた結び細工は「菜の花結び」という結び方で、2種の水引を7本ずつまとめた束を抱き合わせて花の形に仕上げています。周囲の躍動的なラインは、同じ2種類の水引を1本ずつ交互に貼りつけています。一見すると2種類あるとはわからないほど、まとまりのある面を描くことができました。市内には旧市の名称をもつ場所や建物がいくつもありますが、時の経過とともに西東京市としての結束力が高まり、ひとつの市としての特色がより見えてくるようになるだろうと思うと楽しみです。

緑は「豊かな自然」を表現しているそうですが、「健康」をイメージする色でもあります。西東京市は平成23年に「健康都市宣言」を宣言し、こころやからだの「健康」はもちろん、地域やまち全体の健康を考え、支え合うまち「健康応援都市」を目指しています。平成26年にはWHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局により創設された「健康都市連合」にも加盟しています。

市民の健康づくりを目的とした「西東京健康チャレンジ」は、自分で決めた健康目標(例:階段を使う、毎日体重を測るなど)に期間内の14日間で取り組んで、応募すると素敵な景品が当たるそうです。毎年400名以上の市民の方が応募されているそうで、チャレンジ内容と実際にどんな身体の変化があるのか気になりますね。

これからも西東京市の特性がますます輝きますようお祈りしています。

その他の #多摩結び を読む→


水引デザイナー:小松 慶子(こまつ けいこ)

水引の産地・長野県飯田市生まれ。東京都八王子市育ち。小5の夏休みに自由研究で「飯田水引」と出会う。法政大学社会学部社会学科卒業。ECサイト運営会社を経て、WEBデザイナー/ディレクターとしてIT関連企業勤務中の2015年に「紙単衣 – kamihitoe -」をスタート。
2018年 独立と同時に小金井市に水引アトリエショップをオープン(2020年5月閉店)。自身でECサイトを運営する傍ら各地で水引ワークショップを開催。オリジナル商品の取り扱い店は全国に広がっている。
マーケットを意識した企画協力から、デザイン、パッケージ制作、大量生産まで一貫して引き請け、寺院の授与品や企業のPB商品、ラッピング資材、商業施設の大型ディスプレイアート制作まで幅広く手がける。
第2回 飯田水引コンテスト「飯田水引協同組合賞」受賞。

紙単衣
オンラインショップ:https://kamihitoe.theshop.jp/
Instagram:http://instagram.com/kamihitoe_mizuhiki
Facebook:https://www.facebook.com/kamihitoemizuhiki
Twitter:https://twitter.com/kamihitoe_shop

TAMA PLAY

【人気投票終了】片付けの救世主、写真の収納箱はまもなく発売!#10

TAMA PLAY

レモン図鑑#5 レモンの旬は一年中?

TAMA PLAY

東京ダイギンジョウ 第9話