【たまニュース】“東京裏山リバーフロント”を作ろう!

【たまニュース】“東京裏山リバーフロント”を作ろう!

 

裏山ベースのリニューアルと新しい秋川渓谷の水辺ブランディングのためのクラウドファンディングが、ついに公開となりました!

https://camp-fire.jp/projects/view/670910

 

 

裏山ベースとは、

秋川渓谷の玄関口であるJR武蔵五日市駅前に構える、アウトドアアクティビティと地域観光の拠点。

武蔵五日市駅前に様々なコミュニティが生まれるきっかけをつくり、自転車やトレイルランニングといった自然の中での遊びの起点・情報発信基地として、武蔵五日市~檜原村の秋川渓谷エリア、さらにはその奥に広がる秩父多摩甲斐国立公園への玄関口となる施設として、とくにアウトドア愛好家に広く認知されている。

 

 

そんな秋川渓谷の玄関口、新たなコンセプトは【駅前に”東京裏山リバーフロント”をつくる】

 

「『アウトドア』と言われると少し敷居が高く感じてしまうけれど、自然に触れてリフレッシュしたい」

「自然遊びの知識や体力には自信がないけれど、週末の一日だけ、普段は行かない自然の中でのんびり過ごしたい」

今高まりつつあるそんなニーズに対して大きなポテンシャルを秘めている秋川渓谷。

 

 

しかし、秋川渓谷の魅力を多くの人に存分に味わってもらうためには、まだまだ課題がある。

 

・BBQなど、漠然としたイメージしか持っていない人が多く、魅力の本質が伝わっていない

・駅周辺の観光案内が充実していないため、どこで情報が得られるのか、どこで何をして楽しめばいいのか分かりづらい

・秋川渓谷周辺の観光スポットはあちこちに点在していて、歩いて巡るには時間がかかり、バス等の二次交通の便も良くない 

などなど。

 

そんな現状を解決するべく立ち上がったのが「裏山ベース」。

 

 

秋川渓谷の玄関口の駅前からたくさんこの地域のファンをつくりたい

秋川渓谷の魅力の本質である渓谷の水辺の美しさ、そして「静かな清流の水辺で感じる、大自然に包み込まれるような非日常感」にフォーカスして秋川渓谷の持つ可能性を未来にひらく挑戦。

 

応援したい!と思ってくださった方は是非お力添えをください!

リターンも多く用意しているそうなので一度詳細を覗いてみてください。

 

秋川渓谷をはじめ、みんなで多摩エリアを盛り上げてまいりましょう!

 

TAMA LIFE

BAAALL BAR vol.6 多摩エリアの新雑誌『BALL Magazine』創刊キックオフイベント

TAMA LIFE

5/11(土)昭島の魅力を再発見、あきしまロゲイニング開催!

TAMA LIFE

満員御礼!『BALL.』VOL.5発売記念イベントレポート