〝あのひと〟がつくるレモンのごちそう#5 レモントマトスープ

〝あのひと〟がつくるレモンのごちそう#5 レモントマトスープ

スープカフェ なんでもない日 中倉眞知子さんの レモントマトスープ

トマトベースのスープにレモンの酸味をプラスした特製スープ。冷たくすれば、食欲のない暑い季節でもペロリと食べられる夏バテの強い味方に。アツアツにすると、トマトの甘みが引き立ち、また違った美味しさが楽しめます。

recipe produce by 立川市 スープカフェ なんでもない日 中倉眞知子さん

立川の南側、根川緑道の川沿いに立つ一軒家のスープカフェ「なんでもない日」の店主。地元野菜を使ったやさしい味わいの日替わりスープと温かな人柄が、子どもから大人まで多くの人に愛されている。


下準備
  • トマトをそのまま冷凍しておく。使う時に水洗いするだけで簡単に皮がむける。

材料

〈2人前〉
水           500cc
コンソメキューブ    1個
トマト         中1個
レモンパセリウインナー 4本
干しぶどう       10粒
白ワイン        大さじ2
塩           1つまみ
レモン         スライス2枚
セロリ         1本
お好みでセロリの葉、イタリアンパセリ


つくりかた
  1. 鍋に500ccの水にコンソメキューブ1個を煮溶かす。
  2. 皮をむいて1cm角に切ったトマト、1cmの厚さに切り分けた市販のレモンパセリウインナー4本、干しぶどう10粒程度を1のスープに投入する。
  3. 次に、セロリの筋を取って5〜6mmに切り、1のスープに投入する。
  4. 1のスープが沸騰してから5分ほど煮る。火を止める直前に白ワイン大さじ2と塩をひとつまみ加える。
  5. レモンをできるだけ薄くスライスして、4等分にカットする。
  6. スープをカップによそい、1カップに4枚レモンを浮かべて出来上がり。飾りにセロリの葉やイタリアンパセリを添える。冷製スープにする場合は最後にキュウリを浮かべてもOK。

つくりかたのコツ

ウインナーのかわりに、小さくそぎ切りにして塩麹に漬けておいた鶏むね肉50gに変更しても美味しくいただけます。塩は不純物の入っていない天然塩を使うのがおすすめです。

TAMA PLAY

「炊ドン」第四回

TAMA PLAY

「炊ドン」第五回

TAMA PLAY

多摩結び#6 市の飛躍発展を象徴した「青梅市章」