今だからこそ、地域を見つめ、地域ではたらくオンライン講座やります!

今だからこそ、地域を見つめ、地域ではたらくオンライン講座やります!

突然ですが、BALL.は何でできているのか?

野球はコルクやゴムの芯に糸をギチギチに巻き付けてます。バスケットボールは皮かゴムです。ピンポン玉はセルロイド製でしたけど、今はプラスチック製らしいです。ドラゴンボールはナメック星の気候と浪漫でできてます。(たぶん)

さてBALL.はというと、TeiPでできているのです。
TeiPはTama Editorial Incubation Platformの頭文字で、多摩を(しごと・はたらく・くらすで)編集し、創業を支援するプラットフォームということで、もうYOWN(ワイオーダブリュエヌ)状態ですね。横文字多くてワカラナイ。。

そんなTeiPが主催するスクールがありまして、コロナのコンチクショーのせいで第3期が開催できず…。だったのですが、第4期をオンライン特別講座として開催することになりました!!

ちなみに、

第1期は、クリエイティブ×地域で、暮らしをおもしろくするビジネスが生まれる
第2期は、地域資源を活かした商品・サービスを考える
第3期は、まちの地域を活かした旅をつくる(未開催)
第4期は、地域の暮らしと仕事を編集する

卒業生たちのプロジェクトも進行し、BALL.WEB MAGAZINE&本誌でも「もやぴ」(もやもやっとしたピープル)たちも活躍中!!

TeiPSchooL第4期では、家と近くの資源を見直したり、新しい飲食店の形を考えたり、心地好い地域の経済圏を模索したりしながら、自分たちが暮らす地域でできることを考える3ヶ月のカリキュラムで募集しますよー!
人的に脳的に交流をして地域にパンデミックならぬエクスプロージョン(爆発してどうする)を起こしましょう!!

その前に、いきなりってもの何ですので、プレ講座を開催します!
プレ講座の1回目は、今このページに関心を持ってくれた「あなた」について掘り下げていきます。
・興味を持つ
・好きだと感じる
・なんだかすごく気になる
・やってみたい

そういう感情が自分を突き動かす時、私たちはどんな思いや願いを持っているのでしょうか。
「地域」という場、テーマと「わたし」の関心。そして関わりを事例や実体験をもとに対話を重ねて、学びに変えていけたらと考えています。

【イベントの詳細】
TeiP SchooL 4期 プレ講座1
〜「地域と『私』が関わる瞬間を考える」〜
19:00-19:05(5分):TeiP SchooLの説明 / イントロダクション
19:05-19:15(10分):自己紹介
19:15-19:30(15分):トーク「地域と『私』が関わる瞬間を考える」河野奈保子
19:30-19:45(15分):グループにわかれての話し合い
19:45-55(10分):全体共有
19:55-20:00 :まとめ
※終了時間は多少前後する可能性もございます。

■ファシリテーター
河野奈保子 (プロジェクトデザイナー)

■日程 :
2020年6月29日(月) 19:00-20:00

■参加費 : 500円

■定員 : 30名
※以下フォームからお申し込みをお願いいたします。
https://teipschool4-pre1.peatix.com/

【TeiP SchooL詳細】
https://www.facebook.com/events/2786295208165088/


主催:TeiP
代表事業者:株式会社けやき出版
連携事業者:多摩信用金庫、株式会社まちづくり立川、NPO法人こととふラボ
TeiP SchooL企画運営:株式会社シュウヘンカ

※TeiPは、平成30年度 東京都「インキュベーションHUB推進プロジェクト」の補助金を活用した取り組みです。

TAMA WORK

新規事業BALL. COMPANYが誕生します!

TAMA WORK

ProjectStory#1 レモンの懐(ふところ)

TAMA WORK

ProjectStory#9 コラボレーションに挑む