〝あのひと〟がつくるレモンのごちそう#5 レモントマトスープ

スープカフェ なんでもない日 中倉眞知子さんの レモントマトスープ

トマトベースのスープにレモンの酸味をプラスした特製スープ。冷たくすれば、食欲のない暑い季節でもペロリと食べられる夏バテの強い味方に。アツアツにすると、トマトの甘みが引き立ち、また違った美味しさが楽しめます。

recipe produce by 立川市 スープカフェ なんでもない日 中倉眞知子さん

立川の南側、根川緑道の川沿いに立つ一軒家のスープカフェ「なんでもない日」の店主。地元野菜を使ったやさしい味わいの日替わりスープと温かな人柄が、子どもから大人まで多くの人に愛されている。


下準備
  • トマトをそのまま冷凍しておく。使う時に水洗いするだけで簡単に皮がむける。

材料

〈2人前〉
 水           500cc
 コンソメキューブ    1個
 トマト         中1個
 レモンパセリウインナー 4本
 干しぶどう       10粒
 白ワイン        大さじ2
 塩           1つまみ
 レモン         スライス2枚
 セロリ         1本
 お好みでセロリの葉、イタリアンパセリ


つくりかた
  1. 鍋に500ccの水にコンソメキューブ1個を煮溶かす。
  2. 皮をむいて1cm角に切ったトマト、1cmの厚さに切り分けた市販のレモンパセリウインナー4本、干しぶどう10粒程度を1のスープに投入する。
  3. 次に、セロリの筋を取って5〜6mmに切り、1のスープに投入する。
  4. 1のスープが沸騰してから5分ほど煮る。火を止める直前に白ワイン大さじ2と塩をひとつまみ加える。
  5. レモンをできるだけ薄くスライスして、4等分にカットする。
  6. スープをカップによそい、1カップに4枚レモンを浮かべて出来上がり。飾りにセロリの葉やイタリアンパセリを添える。冷製スープにする場合は最後にキュウリを浮かべてもOK。

つくりかたのコツ

ウインナーのかわりに、小さくそぎ切りにして塩麹に漬けておいた鶏むね肉50gに変更しても美味しくいただけます。塩は不純物の入っていない天然塩を使うのがおすすめです。

  • CREATIVE EDITOR
  • TeiP運営メンバー

後藤 藍子

兵庫県伊丹市出身。京都精華大学人文学部文化表現学科卒。書店員を経て、京都の編集プロダクションで編集・ライターとして働く。朝日新聞出版「京都パンガイド」や「Kyoto guide 24H」など、タウン誌やガイド本の編集に携わる。2018年東京・多摩エリアに移住、けやき出版に入社。企画、自費出版のほか、多摩モノレール沿線情報誌 Tamamono」の編集を中心に担当。多摩での新しい場所、新しい人との出会いに日々刺激を受けつつ、改めて本づくりに向き合う日々。居酒屋ではもっぱら「レモンチューハイ」。

ARTICLES!!の活動記録

れもん先生の12星座占い 第9雫:8/11(日)~8/24(土)の運勢

れもん先生

ProjectStory#1 レモンの懐(ふところ)

岩下 光明

れもん先生の12星座占い 第4雫:6/2(日)~6/14(土)の運勢

れもん先生

VIEW MORE