〝あのひと〟がつくるレモンのごちそう#2 レモンクッキー

麒麟cafe いまはしたかよさんの
レモンとてんさい糖のクッキー

混ぜるだけで簡単にできる、レモンの酸味とてんさい糖の素朴な甘みが楽しめるクッキー。口のなかでふわっと広がるレモンのさわやかな香りとさっくりとした食感で、ついつい手が伸びるおいしさです。

recipe produce by 立川市 「麒麟cafe」 いまはしたかよさん

フリーランスパティシエ。屋号はcaféがついているが実店舗はなく、自宅のある立川市を中心に、イベント出店やリクエスト制のお菓子教室を開催。 グルテンフリー&ヴィーガンでスイーツを作る米粉LESSONではアレルギーの有無を問わず「みんなで食べるお菓子」のレシピをご紹介。 


下準備
  • てんさい糖(粉末)60gをドライミルで挽いて微細にする。※下準備A
  • レモンを綺麗に洗って、皮の部分を軽くすり下ろす。1/3を生地と残りは飾りに使用。※下準備B
  • レモンの果汁を絞り、漉して種を取り除く。※下準備C
  • 鉄板にオーブンシートを挽く。※下準備D
  • オーブンを160℃に予熱。※下準備E

材料

〈レモンクッキー35枚前後〉
 国産薄力粉       145g
 成分無調整豆乳     25g
 米油          55g
 甜菜糖(粉末)     40g
 焼き塩         ひとつまみ
 レモンの皮       1/3個分 ※下準備B

〈レモンとてんさい糖のクリーム〉
 レモン果汁       6〜8g ※下準備C
 てんさい糖(粉末)   60g ※下準備Aのミルで挽いて細かくしたてんさい糖


つくりかた
  1. ボールに成分無調整豆乳、米油、てんさい糖、焼き塩を入れ、レモンの皮1/3を入れ、泡だて器でよく混ぜる。国産薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで練らないように混ぜる。ひとまとまりになったら生地を板の上におく。
  2. めん棒で5mmの厚さに伸ばしクッキー型で抜く。予熱を終えたオーブンで15分焼く。完全に冷ます。
  3. クリームを作る。微細に挽いた粉末てんさい糖(※下準備A)にレモン果汁を加えつやつやになるまで混ぜる。
  4. 冷ました2のクッキーに3のクリームを塗る。準備Bで用意したレモンの皮を飾る。(乾燥するとクリームは固まります)

つくりかたのコツ

食感が固くなる原因はレモンの皮が多い、生地の捏ねすぎ、が考えられます。 調整しながら作ってみて下さい。

  • CREATIVE EDITOR
  • TeiP運営メンバー

後藤 藍子

兵庫県伊丹市出身。京都精華大学人文学部文化表現学科卒。書店員を経て、京都の編集プロダクションで編集・ライターとして働く。朝日新聞出版「京都パンガイド」や「Kyoto guide 24H」など、タウン誌やガイド本の編集に携わる。2018年東京・多摩エリアに移住、けやき出版に入社。企画、自費出版のほか、多摩モノレール沿線情報誌 Tamamono」の編集を中心に担当。多摩での新しい場所、新しい人との出会いに日々刺激を受けつつ、改めて本づくりに向き合う日々。居酒屋ではもっぱら「レモンチューハイ」。

ARTICLES!!の活動記録

ProjectStory#10 末岡さんのレモンぜんざい

岩下 光明

ProjectStory#4 日本初のレモン栽培

岩下 光明

ProjectStory#7 敵でもライバルでもなく、仲間

岩下 光明

VIEW MORE